老眼ってどんな症状?回復するの?

「そろそろ老眼かな…」と思っている人のために老眼がなぜ起こるか?その原因や対策、予防方法について説明していきます。

CLEAR

40代の多くが悩まされる老眼の症状とは?

目の調子が悪い人

「そろそろ老眼かなぁ…」そんなつぶやきが聞こえ始める40代後半。新聞の文字が見えづらくなったり、これまで目がよかった人が突然、目の不調を感じるようになったりと、自分が一気に老け込んだような気がして落ち込んでしまう…という方も多いようです。

老眼といえば、近くのものが見えなくなるというイメージがありますが、具体的にはどんな症状が起こるのでしょうか。また、なぜ老眼になるのか?老眼の原因や少しで老眼になるのを遅らせるための予防・改善方法などについて詳しく解説していきます。

老眼ってどんな症状?なぜ起こるの?

老眼で文字が上手く読めない高齢者

老眼といえば近くのものが見えづらくなる…というイメージがありますよね。40代後半から50代にかけて老眼になる人が多いと言われていますが、最近は若い人でもスマホ老眼と呼ばれる症状に悩んでいる人が増えているそうです。では老眼とはどんな症状なのでしょうか。

■老眼の原因・症状

老眼とは「老視」とも呼ばれ、加齢によって目のピントを合わせる機能が低下することで近くのものがみえづらくなる症状を指しています。私たちの目のなかでは、角膜がとらえた光をカメラレンズのような役割をもつ水晶体がピント調節(屈折)して網膜に映し、見えるという感覚を作っています。

近くのものを見るときは遠くを見るときより強めにピントを調節する必要があり、水晶体は厚みを増加させてピント調節をします。しかし、加齢とともに水晶体の弾力がなくなるため、変形しづらくなり、ピント調節がうまくいかなくなって、近くのものが見えづらくなるのです。このピント調節機能は若い人ほど幅広く調節でき、年齢とともに衰えていきます。

・スマホ老眼ってどんな症状?

目を上げて遠くをみると一瞬見えづらいような感覚を覚えることはありませんか?最近、スマホの画面を見続けることで近くが見えづらくなる「スマホ老眼」という症状が若い人の間で広まっています。

スマホ老眼は、近くにあるスマホを長時間見続けるため、水晶体の厚みを増やしてピント調節をし続けなければなりません。近くを見るために合わせたピントのまま、顔を上げて遠くを見ようとするとピントがすぐに戻らず、遠くが見えづらく感じるのです。

長時間、近くを見るためにピント調節した状態が続くと、眼筋が緊張し続けた状態になり、目が疲れるだけではなく、ピント調節機能そのものが低下して慢性的に近くが見えづらくなってしまう恐れもあります。これがスマホ老眼です。パソコンよりも文字が小さいスマホはそれだけ目の調節機能を酷使しなければならないということ。時間があるとついスマホを手にとってしまう…という方は要注意です。

・遠視、近視との違いって?

同じように近くのものが見えづらくなる遠視と老眼はどう違うのでしょうか。遠視は屈折異常とも呼ばれ、水晶体の硬さに関係なく、遠くを見るときには少しのピント調節で見えるのに、近くを見るときには強くピント調節しないと見えづらいという状態をいいます。遠視は近くのものを見る場合に強い調節が必要となるため、目が疲れやすいと言えます。

これに対して近視はピント調節をしたときに網膜より手前でピントが合ってしまうことで遠くが見えにくくなることを言います。

■老眼の検査

老眼の検査ではまず、視力検査が行われます。40代以降になって近くのものが見えづらくなってきたら眼科を受診しましょう。ほとんどの眼科が老眼の視力矯正をするための視力検査のほかに眼圧検査や視野検査などを行って、その他の眼病が起きていないか調べているようです。

近くのものが見えづらい…と感じると、眼科に行かずに直接、老眼鏡を作りに眼鏡店へ行く方もいるようですが、まずは眼科の検査を受けるようにしましょう。

老眼の治療方法・予防対策について考えてみよう!

老眼鏡

老眼は老化による生理現象であり、目の病気ではありません。したがって治療ではなく、視力の矯正を行うことで対処します。老眼鏡のレンズには近くを見るための単焦点レンズと遠近両用の多焦点レンズの2種類があります。最近はコンタクトレンズにも遠近両用のものがありますが、見え方はあまりよくないという声も多いようです。

また老眼鏡はひとりひとりのコンディションに合わせて作る必要があります。市販されている既成の老眼鏡では目に合わず、かえって目が疲れてしまうこともあるようです。老眼は放置すると頭痛や肩こりの原因になることも多いので、近くが見えづらいと感じたら早めに眼科を受診するようにしましょう。

■老眼の予防方法・対策

老眼は目の老化によって起こる症状ですから、完全に防ぐことはできません。ただし、日ごろから目を酷使している人は老眼になるのが早いとも言われています。特にスマホ世代は要注意でしょう。

目の老化を防ぐという意味では抗酸化作用のあるアントシアニンやカシスアントシアニン、アスタキサンチン、ルテインやゼアキサンチンなどを含むブルーベリーサプリを摂るのもひとつの方法です。特にゼアキサンチンは活性酸素によってピント調節機能をつかさどる水晶体が酸化するのを防ぐはたらきもあるとして注目されています。

目にいいサプリメントとして知られるブルーベリーサプリの中にはこれらの成分をまとめて取れるものもありますので、老眼対策として利用してみてもいいでしょう。

■老眼は回復するのか?

老眼は病気ではなく加齢によって起こる生理現象です。したがって症状の進行を抑えることはできるかもしれませんが、回復させることは難しいでしょう。そのため、老眼の症状が進行してしまう前に予防・対策をすることが大切です。

目の老化現象である老眼、予防・対策はお早めに!

40代後半になると誰にでも起こる症状である老眼。老眼は目の中でレンズの役割を果たしている水晶体と呼ばれる部分が硬くなることで、近くを見るためのピント調節機能が低下して起こる症状です。手元の新聞や本の文字が見えづらくなったら眼科を受診してみましょう。

老眼は加齢による生理現象で特に治療をする必要はありません。眼科で診察を受けて視力を矯正するためのメガネやコンタクトを処方してもらい使用することで対処します。

残念ながら、老眼がはじまってから視力矯正なしで視力を回復させることはできません。老眼になるのを遅らせるために目全体や水晶体の老化を防ぐためにアントシアニンやルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンなどを配合したブルーベリーサプリを摂ってみてもいいでしょう。

ブルーベリーランキングへ