日本における失明原因の第一位、緑内障とはどんな病気?

緑内障は一度発症すると改善させることが難しい病気です。ここで緑内障について理解しながら治療・予防ケアについて考えてみましょう。

CLEAR

失明の原因にもなる怖い病気・緑内障とは?

目の調子が悪い人

日本人における失明の原因、第一位である緑内障。目から入ってくる情報を脳に伝えて「見える」という感覚をつかさどる視神経に異常が起こり、目で見たものを脳にうまく伝えられなくなることで起こる眼病です。

我が国においては40歳以上の方の20人に1人は緑内障を患っているとも言われています。昔は緑内障=失明というイメージがありましたが、早期発見・治療によって失明のリスクを下げることができるようになりつつあります。眼病の国民病とも言われる緑内障について、原因や予防方法など詳しく説明しましょう。

日本人にもっとも多い緑内障を知ろう

緑色に濁った水

かつて緑内障は失明に直結する怖い眼病だと思われてきました。しかし現在では治療をしっかりすれば、失明するリスクを下げることができるようになっています。しかし、日本人に多い眼病であるのにも関わらず、自分が緑内障であることに気がつかない人も多いとも言われています。まずは緑内障について詳しく理解しましょう。

■緑内障とは?

視神経に異常が起こり、目に入ってきた情報をうまく脳に伝えられなくなることで起こるのが緑内障です。このことで視野が欠けたり、狭くなるといった症状が起こります。

緑内障には急性のものとゆっくり進行する慢性のものがあります。急性緑内障はそれまで正常だった視神経が、ある日突然発作のように異常を起こすもので、目の痛みや充血、頭痛や嘔吐などが起こることも少なくありません。

これに対して慢性緑内障症状が進むまで気がつきにくいと言われています。もともと目は片方が見えづらくなればもう片方がそれを補うはたらきを持っているため、単なる違和感や疲れとして見過ごされていることも多いのです。

■緑内障の原因・症状

緑内障にかかると、視野が狭くなる視野狭窄(しやきょうさく)や部分的に見えない部分ができる視野欠損といった視野障害が起こります。初期段階では片目だけに起こり、また視野のごく一部分だけが欠けて見えるためほとんど自覚症状がないのが特徴です。

緑内障は眼球のハリを保っている力である眼圧(がんあつ)が上がることが原因です。眼球のハリは房水(ぼうすい)と呼ばれる水分で保たれています。房水は毛様体(もうようたい)と呼ばれる部分で作られ、やがて眼球外に排出されていきます。

なんらかの原因で房水が作られすぎたり、うまく排出できなくなったりすると目の内部にある房水が増えて目が膨れ上がるような状態になります。これが眼圧が上昇した状態です。

緑内障には房水が排出される部分が目詰まりを起こす「原発解放隅角緑内障」、また房水の流れが妨げられて起こる「原発閉塞隅角緑内障」などがあります。

緑内障の原因は眼圧の上昇ですが、日本人では眼圧が正常値でも起こる「正常眼圧緑内障」を起こす人も少なくありません。この他、緑内障には病気や薬の影響で起こる「続発緑内障」や生まれつき緑内障をもつ「発達緑内障」もあります。

■緑内障の検査

緑内障の検査にはいくつかの種類があります。視力検査や眼圧検査、房水の流れを調べる「隅角検査」、視神経の状態を調べる「眼底検査」、特殊な機械を使って見えている範囲を調べる「視野検査」などがあります。

緑内障の治療方法、予防対策を考えよう!

眼科医

かつては緑内障イコール失明するものと考えられていましたが、医学が発達した現在ではいろいろな方法で進行を防ぐことができます。緑内障の治療方法や予防のための対策について考えてみましょう。

■緑内障の治療方法

緑内障の治療としてまずすべきことは、眼圧を下げること。眼圧を上げないようにすることで視野狭窄や視野欠損の進行を食い止めなければなりません

まずは房水をうまく排出できるような点眼薬、あるいは作られる房水の量を減らす作用のある点眼薬を用いて薬物治療を行います。眼圧が下がるようであれば、その点眼薬を継続し、不十分であれば他の点眼薬を使ったり、他の点眼薬を追加したりして、眼圧を下げるような治療を行います。

点眼薬で眼圧が下がらない場合は内服薬による治療が行われることもあります。しかし、体への負担が大きいため長期間継続することはできません。

点眼薬や内服薬でも効果がなければ、レーザーを照射して房水の排出を促進する治療をしたり、手術で房水を排出しやすくするなどの外科的療法も考慮していきます。

■緑内障の予防方法・対策

・まずは生活習慣を見直そう!

緑内障は加齢や喫煙、近視といった要因のほか、糖尿病や高血圧などの合併症として起こることもあります。緑内障を予防するためには生活習慣に注意しながら、定期的に眼科での検診を受けることが大切と言えるでしょう。

抗うつ剤の使用やカフェインの過剰摂取、長時間うつむいた状態で作業をする人、ネクタイを強く締めている人なども眼圧を上昇させることが分かっているのだそう。なかにはヨガで頭を下げるポーズをとり続けて、眼圧が上昇してしまったケースも報告されています。心当たりのある方は注意してくださいね。

・カラーコンタクトでも処方は眼科医で!

近年、若い方の多くが利用していると言われるカラーコンタクトレンズ。眼科医で処方されているものであれば、トラブルが起こることは少ないのですが、一度も眼科医の診察を受けずにディスカウントショップやコンタクトレンズの量販店で購入したカラコンを長年使用していて、緑内障にかかってしまったという報告もあります。

カラコンであってもコンタクトレンズを購入するときは必ず眼科医の診察を受け、医療器具として認められたものを使用するようにしましょう。

・ブルーベリーサプリでアントシアニンやルテインの摂取も!

残念ながらブルーベリーサプリで緑内障の症状を改善することはできません。しかし最近になってカシスアントシアニンが正常眼圧で起こる緑内障の進行を抑える効果が期待できるのではないかという研究報告も報告されています。

またルテインも目の老化を防いでくれる効果があるため、相性のいい成分であるカシスやブルーベリーサプリなどと合わせて摂ってみてもいいでしょう。

緑内障はきちんと治療をすれば、20年後に両目を失明する確率はわずか1.4%と言われています。まずは定期的に眼圧の検査をして早期発見・治療ができるようにすることが大切と言えるでしょう。

■緑内障は回復するのか?

緑内障の治療は視野狭窄や視野欠損の悪化を防ぐために行う対症療法です。残念ながら緑内障の治療で視野が改善することはありません。手術に関しても、あくまで眼圧を下げて進行を防ぐことが目的になっています。

緑内障は早期発見・治療が大切!

日本人の失明原因第一位になっている緑内障。眼圧が上昇して視覚神経を圧迫することで、視野狭窄や視野欠損が起こる眼病です。

かつては緑内障イコール失明というイメージがありましたが、現在では進行を遅らせる治療や手術があるため、むやみに恐れる必要はなくなってきています。といっても緑内障は一度発症すると、改善が難しいため早期発見・治療が必要であることには変わりありません。

眼圧の上昇を防ぐには生活習慣を見直す必要もあります。近視の方や喫煙習慣のある方やコンタクトレンズを長年使用している方は特に注意が必要です。日ごろからルテインやカシスアントシアニンなどを含んだブルーベリーサプリで目をいたわってあげるなどしつつ、40代になったら年に1度は眼科で眼圧検査を受けるようにしましょう。

ブルーベリーランキングへ