目が乾くだけじゃない?ドライアイってどんな症状?

現代人の多くが悩んでいると言われるドライアイ。ここではなぜドライアイが起こるか、その原因から対策まで詳しく説明しています。

CLEAR

ドライアイの原因を知って効果的に対策をしよう

枯れた花

コンタクトを使用している人に多いと言われる、ドライアイの症状。コンタクトを利用している人や高齢者に多く、事務の仕事をしている人の3人に1人が悩んでいる症状であるとも言われています。

またドライアイを治療している人は通院費、点眼薬、治療費などで年間5万円以上も出費していると言われ、医療費を圧迫する社会問題にもなってきています。

ここではドライアイがなぜ起こるのか?その原因と対策や、視力の低下につながる可能性はあるのかなどについて詳しく解説していきます。

ドライアイの症状と原因、なりやすい人とは?

ドライアイの原因となるコンタクトレンズ

コンタクトをしていると目が乾く」とよく言われていますが、ドライアイの原因はコンタクトだけではありません。まずはドライアイの症状と原因から見ていきましょう。

■ドライアイってどんな症状?

私たちの目は、表面を覆う涙によって保護されています。この涙の分泌量が減ったり、涙の質が悪くなったりすると目の表面が乾燥し、眼輪筋が弱まり、その結果、角膜の傷やその他のトラブルが起こることがあります。これがドライアイという病気です。

ドライアイの症状には「目が乾いて、目を開けていられない」「光がいつもよりまぶしく感じる」「目がごろごろする」といったものがあげられますが、最近になって、ドライアイの症状を訴える人のなかには、実際には涙の量が減っていない人がいることも分かってきているのだそう。この場合、涙の質が変化することによって、粘膜に異常が起きていることが原因だと考えられています。

「目が赤くなりやすい」「光がいつもよりまぶしく感じる」「突然、涙がにじんでくる」といった一見、目の乾燥とは関係なさそうな症状にもドライアイが隠れていることが多いのです。

■ドライアイになりやすい人っているの?

ドライアイといえば、コンタクト、というイメージがありますが、スマホパソコンといったVDT機器が普及した現在では誰でもドライアイになる可能性があると言えます。ではドライアイになりやすい人はいるのでしょうか?ドライアイになりやすいのは、

  • VDT機器を日常的に使用しているオフィスワーカー
  • コンタクトレンズ使用者
  • 花粉症の人
  • エアコンがきいた室内にいることが多い人
  • 夜更かししがちな人
  • 半年以内にレーシックの手術を受けた人
  • 高齢の方

特に花粉症の人はかゆみや充血といった「アレルギー性結膜炎」とドライアイが同時に起こって症状が悪化していることがあるので、早めに眼科を受診した方がいいでしょう。また高齢者の方は生活習慣病などにより、涙の質が変化し、ドライアイが起こりやすくなりと言われています。

■ドライアイが女性に多い理由

涙には、涙そのものの蒸発を防いでくれる油分が含まれています。この油分を分泌するのが、マイボーム腺です。近年、このマイボーム腺から油分が分泌されるしくみと男性ホルモンの関わりが指摘されるようになってきており、男性に比べて男性ホルモンが少ない女性はドライアイにかかりやすくなるのでは?という意見も増えてきているそうです。

ドライアイが気になる方はまぶたのふちに白いポツポツのような油の塊がないかチェックしてみましょう。ポツポツがたくさんある場合、マイボーム腺機能不全症によってドライアイが起きている可能性があります。

■ソフトorハード?コンタクトとドライアイの関係

コンタクトレンズを使用している人はドライアイの症状を起こしやすいと言われています。特にソフトレンズに含まれている水分はレンズの水分が失われることによって、涙まで吸収してしまうと言われています。

これに対してハードコンタクトは水分を含んでいないため、涙の蒸発を抑えることができます。またサイズも小さく、角膜を完全に覆ってしまうことがないハードコンタクトレンズは角膜の上で動くことができるため、涙が角膜に行きわたる動きを妨げにくいと考えられています。

ただし、ハードコンタクトであっても完全に目の乾燥を防ぐことはできません。家に帰ったらメガネに切り替える、装用時間は必ず守るなど、コンタクトに頼り切らない習慣を持つことも大切でしょう。

ドライアイを予防・改善するためにできること

ドライアイを治す目薬

目が乾燥しているだけだから」と放置してしまいがちな、ドライアイの症状。失明などの重篤な症状を招くことはありませんが、ドライアイを放置することで見えにくい状態が続き、視力の低下や生活の質が低下につながることもあります。ではドライアイを予防・改善するためにはどうしたらいいのでしょうか。

■ドライアイを予防するために

仕事でパソコンを使用するから、ドライアイは避けられない…。そんな方は1時間に1度必ず休憩をとるようにしましょう。さらに画面は目より下の位置にくるように置くようにすると、目を見開くことが少なくなり、乾燥を防いでくれます。作業中は意識してまばたきすることもドライアイの予防に有効です。

またエアコンの風は直接目に当たらないようにし、乾燥した室内では加湿器を使用するのもオススメです。疲れたときに目を温めることで、涙の分泌が促されるのでホットアイマスクなどを使ってみてもいいでしょう。

さらに寝不足がちな人や睡眠障害のある方、運動をする習慣がまったくない方などもドライアイにないやすいと言われています。目の乾燥が気になる方は、こうした生活習慣にも気を配るとよいでしょう。

■市販の点眼薬より眼科の処方薬

市販の点眼薬でドライアイの改善はできるのでしょうか。ドライアイのための市販薬には防腐剤や充血を抑えるための血管収縮剤が含まれていることがあります。このような成分がさらにドライアイの症状を悪化させてしまうこともあるようです。

ドライアイが気になる方は眼科の診察を受けて防腐剤や血管収縮剤を使用していないヒアルロン酸の点眼薬を処方してくれますので、試してみてはいかがでしょうか。

また「涙の量は減っていないけれど涙の成分が不安定になることで起こるドライアイ」にはヒアルロン酸の点眼薬だけでは改善は望めません。涙には水分、油分とムチンと呼ばれる成分が含まれていますが、水分とムチンの分泌を促す点眼薬なら、このような涙の量が減っていないドライアイの改善にも効果があると言われています。こちらも眼科の処方薬ですので、ヒアルロン酸の目薬で効果がない方は眼科で相談してみるといいでしょう。

■ドライアイ対策のためのブルーベリーサプリ

ドライアイ対策としてブルーベリーサプリを摂りたいというときは、どんな成分を選べばいいでしょうか。同じアントシアニンでもドライアイの予防・改善により効果が期待できるのはカシスアントシアニンだと言われています。

アントシアニンの他にもアスタキサンチンやDHAやEPAといった成分もドライアイの改善に役立つと考えられています。ブルーベリーサプリを選ぶときにはカシスアントシアニンをはじめとする、これらの成分が配合されているものを選んでみましょう。

ドライアイを防いでイキイキした瞳をキープしよう

オフィスワーカーの3人に1人が悩んでいると言われる、目の現代病・ドライアイ。目が乾燥して開けていられないといった症状の他に目の不快感や充血、まぶしさを感じるなどの症状が現れるのが特徴です。

ドライアイは他の眼病と違って、失明のような重篤な症状の原因になることはありません。しかし、見えづらい状態や不快感が続くことによって生活の質が低下してしまうことがあります。また、そのことが視力の低下を招くこともあるでしょう。

ドライアイの治療薬として市販薬もいろいろ販売されていますが、効果が持続しにくいため症状が長引く場合は眼科の診察を受けるようにしましょう。

またドライアイはVDT機器の使い過ぎや生活習慣などによって悪化することが分かっています。ドライアイの症状を効果的に抑えるためにはカシスアントシアニンやアスタキサンチン, DHAやEPAといった成分を含むブルーベリーサプリを摂って体内からドライアイになりにくい状態を作り、VDT機器の使い方を見直す、睡眠の質をあげるといった生活習慣の改善も必要と言えるでしょう。

ブルーベリーランキングへ