加齢とともにかかりやすくなる白内障ってどんな病気?

80代の人のほとんどがかかるとも言われている白内障。ここでは白内障の原因や治療方法、予防改善のためにできるケアについて解説します。

CLEAR

高齢者のほとんどが発症する白内障とは?

目の調子が悪い人

眼病のなかでもよく耳にするもののひとつが白内障(はくないしょう)です。白内障とはカメラでいうレンズのような役割を果たしている目の水晶体と呼ばれる部分が白く濁ることで視力が低下していく眼病です。

白内障は高齢者に多い眼病で、患者のうち7割が老人性白内障を患っていると言われています。しかし、糖尿病アトピーなどの合併症で起こるケースや、先天性や外傷によって起こる白内障では、早い場合40代からその症状が現れるため、近年、早期発見・治療の必要性が問われてきています。ここでは白内障とはどんな病気なのか、原因や治療、予防方法について詳しく説明していきます。

白内障はなぜ起こるの?

濁った水

瞳の部分が白く濁って見える白内障。高齢者の方がかかる眼病というイメージがありますが、実は加齢以外の原因で起こることもあります。

■白内障とは?視覚における水晶体の役割

白内障とは水晶体と呼ばれる部分が白く濁ることで視力が低下する症状です。では水晶体というのは「目が見える」という感覚において、どのような役割を果たしているのでしょうか。

私たちの「見える」という感覚は目の角膜と水晶体を通して集められた光が網膜を刺激して、大脳に命令を伝えることで成り立っています。

視覚という感覚をカメラに例えてみましょう。カメラはシャッターを押すと光がレンズに集められ、それがフィルムに焼き付くことで画像を作り出します。私たちの目も同じように、角膜と水晶体というレンズを通して、網膜というフィルムに映しだされたものが「見えている」ことになります。

水晶体は目の前面にありレンズとフィルターのような役割を果たしています。そして水晶体は外から入ってくる光を集めてピントを調節する機能を持っています。

カメラのレンズも白く濁っていると、被写体がぼやけて見えますよね?同じように、白内障によって水晶体が濁ると、集められた光をうまく網膜に届けることができなくなり、目のかすみをはじめとするさまざまな症状が起こるのです。

■白内障の原因・症状

では白内障はどのような原因で起こるのでしょうか。また白内障になるとどんな症状が現れるのでしょうか。

白内障の原因とは

白内障の原因として一番に挙げられるのが「加齢」です。水晶体は水分とたんぱく質からできています。このたんぱく質が長年にわたって浴びてきた紫外線の影響などによって、白く濁る・変性して硬くなる・黄色っぽく濁るなどして加齢性白内障が起こるのです。

白内障はアトピー性皮膚炎や糖尿病の合併症として起こることもあります。この場合、早い場合30~40代くらいの段階で症状が出始めることもあるようです。

また妊娠中に母親が風疹に感染すると生まれてきた赤ちゃんが先天性の白内障を患っていることもあります。さらに目をぶつけるなどの外傷、炎症を伴う他の眼病に次いで起こるもの、そして放射線やステロイドなどの副作用として白内障が発症することもあるようです。

白内障の症状

白内障は初期段階でははっきりとした症状が現れることはありません。症状が進行していくと下記のような症状が現れるようになります。

  • 目がかすむ、ぼやける
  • 光がまぶしく感じられる
  • 暗い場所と明るい場所で見え方が異なる
  • 視力が緩やかに低下する

加齢による白内障は水晶体の外側から白濁が進んでいくため、症状の進行が緩やかです。ただし、アトピー性皮膚炎が原因で起こる白内障の場合、水晶体の中心部分から白濁が始まるため、初期段階で見えにくさを訴える患者さんが多いと言われています。

また近視の改善のためにレーシック手術を受けた方は白内障になるのが早いという報告もあります。

白内障は回復する?白内障の予防対策とは

眼科医

白内障の治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。また白内障は回復するのか?予防するためにはどんな対策を取るべきかについて考えてみましょう。

■白内障の検査

白内障が疑われた場合、まずは網膜の状態をチェックするための「眼底検査」が行われます。この検査は眼科ですぐに受けることができます。

続いて「細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)」と呼ばれる顕微鏡を使った検査で水晶体の握りを観察します。この検査で白内障の進行度を調べることができるようになっています。

■白内障の治療方法

白内障になっても普段の生活に影響がそれほどなければ、経過観察をすることができます。初期段階で白内障に気づくことができれば、点眼薬で進行を遅らせることはできますが、根本的に水晶体の濁りを取り除くことはできません

生活に支障が出るようになってくれば、白内障の手術を受けることを考えなくてはなりません。現在、白内障の手術は白く濁ってきた水晶体を超音波の力で乳化させ、吸引したあとに眼内レンズを挿入する、超音波水晶体摘出術という方法が取られています。この方法は角膜に3ミリ程度の穴をあけて行われ、術後の痛みもほとんどなく、眼球にかかる負担も最小限に抑えられています。

手術は麻酔をかけて行われ、時間としては30分から1時間程度。日帰りで手術を受けられる眼科も多くなっています。高齢者の方のなかには手術を受けるのが怖いとして、ためらっている方もいらっしゃいますが手術は体力があるうちに受けた方が回復も早いそう。また白内障の手術を受けた高齢者の方が症状を我慢している方より元気に過ごせているという報告もあるそうです。

残念ながら、白内障は現在のところ薬で症状を改善させることは難しいため、生活に支障が出てきたタイミングで手術を受けることを考えるのがベストです。白内障を放置しておくと手術が難しくなるだけではなく、他の眼病の発見が遅れることにもつながりますので眼科医とよく相談して決める必要があります。

■白内障の予防にブルーベリーサプリ

白内障を予防するためには目の老化を遅らせることが一番です。症状が出ないうちにできる予防ケアとしては、ビタミンCやEやアントシアニンなどのポリフェノールを含んだブルーベリーサプリなどを摂るのもオススメ。これらの抗酸化成分が目の老化を送らせてくれます。ブルーベリーサプリの中にはこれらの成分をまとめて摂ることができるものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

また水晶体のたんぱく質は紫外線を浴びることによって変性していきます。そのため屋外ではサングラスや帽子をかぶって紫外線が目に入らないようにすることも大切でしょう。

■白内障は回復するのか?

白内障は手術を受けることで回復させることができる眼病です。薬や食べ物などで症状を回復させることはできません。そのため、ブルーベリーサプリを継続して摂取するなど、症状を自覚する前に対策を行うことが大切です

年とともにかかりやすくなる白内障を予防するために

高齢者の約8割がかかると言われている白内障。加齢などの原因によって目の水晶体が濁ることで、目がかすむ、ぼやけるといった症状が起こる眼病です。目のかすみやぼやけ、光がまぶしいといった症状が長引く場合は眼科の診察を受けるようにしましょう。

また白内障は手術を受けることで症状を回復させることができる眼病です。ただし進行が進むと手術が難しくなることもあるため、症状が気になる方はかかりつけの眼科医のもとで経過観察を受けるべきでしょう。

白内障を予防するためにできる対策はまず、目の老化を防ぐこと。屋外では紫外線を浴びないよう、サングラスや帽子を使用することが大切です。また体の中からできるケアとして、ビタミンCやビタミンE,アントシアニンなどの抗酸化成分やルテインを配合したブルーベリーサプリを飲んでみてもいいでしょう。

ブルーベリーランキングへ