ブルーベリーだけじゃない!目にいい意外な成分とは?

目に良い成分はアントシアニンやルテインだけではありません。ここでは目の健康をサポートしてくれる様々な成分について解説します。

CLEAR

アントシアニンと合わせて摂りたい、様々な目に良い成分

視力の良い女性

目にいい成分といえば、誰もが思い浮かべるのがブルーベリーのアントシアニンやルテインでしょう。しかし目のコンディションにあわせて摂りたい成分は他にも色々あります。

カシスアントシアニンクロセチンといった目の健康にいいと言われる新しい定番成分のほかに、私たちがすでによく知っているアスタキサンチンやレスベラトロール、DHA、βカロテンといった美容や健康にいい成分のなかにも眼精疲労や目の疲れ、眼病予防のために役立ってくれる成分があるのです。ここで目の悩みをケアしてくれるいろいろな成分について、詳しく説明しましょう。

目の健康をサポートする、新しい定番成分はコレ!

様々な目に良いベリー

まずはブルーベリーサプリメントに合わせて配合されることが多い、目の健康のための定番成分とも呼ばれるものを紹介していきましょう。

■最強のアントシアニン?カシスアントシアニンの実力

ひとつ目はカシスエキスです。リキュールやジャムとしても有名なので、皆さんも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。ブルーベリーと同様、カシスにもアントシアニンが含まれています。実はアントシアニンとひとことで言っても、その組成は植物によって異なり、作用や性質も違うと言われています。

カシスのアントシアニンにのみ効果が認められているのが近視を抑制する働きです。近視というのは遠くを見るときにピントが合わずにぼやけて見えてしまう症状のことをいいます。

近視抑制効果はブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンには認められていません。近視はスマホやゲーム機といった近くにあるものを見る作業を続けた時間や頻度によって進行すると考えられており、早い場合、小学生くらいから症状が現れることもあります。

カシスのアントシアニンは目の筋肉をほぐし、眼精疲労を抑制するサポートもしてくれます。大人でもスマホやパソコンを見る時間が長いという方は、カシスのアントシアニンがプラスされたブルーベリーサプリを選ぶといいでしょう。

■カシスには血行を促進してくれるパワーも!

カシスのアントシアニンには血行を促進するはたらきもあります。失明にもつながる深刻な眼病である緑内障は眼圧の上昇によって起こりますが、カシスのアントシアニンの血行促進効果によって眼圧を下げる効果が期待でき、緑内障の予防にもつながると考えられています。また血行が促進されることで、同時に目の下のクマが軽減したという報告もあるそう。寝不足の女性には嬉しいポイントですよね。

■古くから生薬として知られるメグスリノキ

ふたつ目はメグスリノキです。いかにも目に良さそうな名前の通り、日本では昔から点眼薬として使用されてきました。現在でもメグスリノキのお茶がよく知られています。

メグスリノキは日本にのみ自生している植物でその成分は樹皮や葉から抽出されています。有用成分はものもらいやアレルギー性結膜炎の緩和に役立つ抗菌作用のあるタンニン、目の粘膜を保護するカテキンなどで、疲れ目や目のかすみの改善に役立ってくれます。

■新登場の成分・眼病予防に最適なクロセチンとは?

最後はサフランやくちなしの花などから摂れる天然色素・クロセチンです。クロセチンは体内でビタミンAに変換されるβカロテンと同様、カロテノイドの一種です。

βカロテンも視力の維持や加齢による黄斑変性症の予防にいいと言われる成分ですが、クロセチンはβカロテンと違い油だけではなく水も溶けるため、体内に吸収されやすいというメリットがあります。

さらにクロセチンは目の筋肉をほぐして眼精疲労を予防したり、血流を改善して眼精疲労によって起こる肩こりや頭痛を予防したりという総合的な効果も期待できます。スピーディーに吸収されるため、「飲んでから4~5時間で違いが分かる」という声も多く、満足度が高い成分であることも特徴のひとつでしょう。またクロセチンはルテインやアスタキサンチンといった抗酸化成分と相性がいいことが分かっています。

美容と健康、そして目にも良いアノ成分とは?

ポリフェノールが豊富に含まれている赤ワイン

目にいい成分の中には、美容や健康にいい成分として聞きなれたものもあります。その中でも代表的なものがアスタキサンチンやレスベラトロールです。また、血液サラサラで有名なDHAも目の健康をサポートする成分として注目されています。

■目や脳に直接アプローチするアスタキサンチン

脳や目といった人間の体の中でも重要な役割を果たしている器官には、不要な成分を侵入させないように判断する仕組みがあります。例えビタミンのように体に必要な成分であっても、網膜まで直接届けられることはないのです。しかし、アスタキサンチンは抗酸化成分の中でも目や脳の中に直接入って、その力を発揮してくれる数少ない成分なのです。

アスタキサンチンには目の筋肉をほぐしてピントを調節する作用や紫外線の影響によって発生する活性酸素を除去する働きがあります。網膜で直接作用するだけあって、眼精疲労や肩こり、目の痛みなどを速やかに改善してくれるとして、新たに注目が集まっているようです。

■ベリー系のフルーツに含まれるレスベラトロールも

リンゴンベリー、サンタベリーと呼ばれる真っ赤な果実に含まれるレスベラトロールを含有したエキスにもブルーライトの光を抑えて目の疲れを癒してくれる働きがあり、ブルーベリーと合わせて配合しているサプリも増えてきています。

美容成分というイメージが強いレスベラトロールですが、最近の研究では目の血管を拡張して血流障害によって起こる眼病のリスクを低下させることも分かってきています。アンチエイジング成分としても優れ、美白効果も期待できるだけに、女性にとっては嬉しい成分ですよね。

■頭を良くするだけじゃない?目にもいいDHA

血液をサラサラにして「頭をよくする成分」として知られるDHAも目の健康のために積極的に摂りたい成分です。DHAはもともと目の網膜や視神経にも多く含まれる成分で、不足すると視力の低下や眼精疲労、老眼などを引き起こすきっかけになるのだとか。近視の改善や視力回復に効果があったという研究報告もあります。

DHAの力によって血行が促進されると、網膜や視神経の細胞に酸素や栄養が行き届きやすくなり、眼精疲労や目の疲れを和らげてくれる効果も期待できます。普段、魚を食べる機会が少ないという方はDHAをプラスしたサプリメントを選んでみてはいかがでしょうか。

目のコンディションにあった成分を選ぼう

このように、目にいい成分はブルーベリーのアントシアニンの他にもいろいろあります。アントシアニンの中でも効果が高く、近視を抑制する働きをもつと言われるカシスアントシアニンや古くから漢方やお茶として利用されているメグスリノキ、眼精疲労や肩こりを和らげてくれるクロセチンなどは目の健康に役立つ定番成分ということができるでしょう。

また、アンチエイジング成分というイメージの強いアスタキサンチンレスベラトロール、頭にいい成分と言われるDHAも目の健康のために積極的に摂りたい成分です。単独のサプリメントを選ぶよりも、相性のいい成分同士を合わせて配合した総合的なサプリメントを摂れば効率的に目の健康をサポートすることができ、バラバラに購入するより価格を抑えることにもつながるでしょう。

眼精疲労が気になるなら、アントシアニンとルテイン、近視の悪化を抑えたいならカシスアントシアニンとDHA、とにかく素早く視界をクリアにしたいならアントシアニンとアスタキサンチン…といったふうに、目のコンディションに合わせて、あなたにあった成分を配合したサプリを選んでみてはいかがでしょうか。

ブルーベリーランキングへ