ブルーベリーサプリの飲み方!効果的な摂取方法や副作用の心配は?

目にいいと言われるブルーベリーサプリの正しい飲み方はご存知ですか?効果的な飲み方や、副作用などについて解説しています。

CLEAR

ブルーベリーサプリの正しい飲み方と副作用をチェック

ブルーベリーサプリ

目の健康に役立つと言われているブルーベリーサプリ。ブルーベリーサプリに含まれる抗酸化成分であるアントシアニンはサプリメントのなかでも比較的、変化を実感しやすい成分であると言われているため、飲んでみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ではブルーベリーサプリはいつ、どのくらいの頻度で、どれだけ飲めばいいのでしょうか。また、飲みすぎてしまった場合に起こる副作用についても気になりますよね。

ブルーベリーサプリはビタミンのサプリなどと比べ、ちょっぴり高め。せっかく飲むなら、その効果を最大限に発揮させるようにしましょう!ここでブルーベリーサプリの効果をより高めるための飲み方のポイント副作用についてまとめてみました。

ブルーベリーサプリの効果をより高めるために

眼科医

ブルーベリーサプリは1日の摂取量や適切なタイミングで飲まないと、摂取前との違いを実感できないこともあります。効果をより実感するために、飲み方のポイントを押さえておきましょう。

■ブルーベリーサプリの1日の摂取量

まず、ブルーベリーサプリは1日どのくらい摂ればいいのでしょうか?効果的に目の健康とクリアな視界を維持するために必要なアントシアニンの量は1日40~90mg程度。ただし、気をつけたいのはサプリメントの表示欄に書かれている「ブルーベリーエキス」の量=アントシアニンの量ではないという点です。

あるメーカーのブルーベリーサプリのアントシアニン量を例に考えてみましょう。原料欄をチェックするとブルーベリーエキス200mg、そのうちアントシアニン36%となっており、アントシアニンの量は約72mgになります。

というわけで、このサプリメントは1日の摂取量目安量を満たしていることになります。このように、サプリメントを購入する際にはアントシアニンの量が1日の摂取推奨量を満たしているかどうかをチェックするとよいでしょう。

■アントシアニンの効果をパワーアップさせるなら

アントシアニンはルテインクロセチンなどと合わせて摂ることで、さらなるパワーを発揮してくれます。加齢による目の変化が気になる方はブルーベリーとルテイン、近視の悪化を防ぎたいという方はブルーベリーとクロセチンなど、アントシアニン以外の成分にもこだわることで、より変化を実感しやすくなるはずです。

ただし、表示欄をチェックしてアントシアニンの量が30%と一見少ない場合でも、ルテインやクロセチン、メグスリノキ、アスタキサンチンといったその他の目にいい成分をプラスして、サプリメント全体の効果をアップさせているものもあります。他のサプリメントよりアントシアニンの量が少ない=ダメなサプリというわけではないのです。またブルーベリー以外のものをプラスしてアントシアニンの量をカバーしているタイプもあります。(→その他の成分?)

■ブルーベリーを飲むタイミングとは?

ブルーベリーサプリは食後に飲むと吸収率をアップさせてくれると言われていますが、大切なのは目を使う前に飲むということ。すみやかな効果を実感したいなら、パソコンやスマホの連用、夜間の車の運転など、目を酷使する3~4時間前のタイミングに飲んでおくのがベストでしょう。

とはいえ実際には仕事中など、疲れを感じはじめてからサプリメントを飲むこともありますよね。その場合は、カシスベリーやクロセチンなど吸収率がより高いと言われている原料が使用されているサプリを選ぶのがオススメです。またアントシアニンは24時間後には尿と一緒に排出されてしまうため、持続的な効果を望むなら毎日飲むことが大切です。

また同じアントシアニンでもブルーベリー、ビルベリー、カシスベリーなど種類によって、アントシアニン含有量や、その効果、吸収性が異なるものがあります。また、体内でより早く溶けだすように、処方に工夫がされているものも。用途に合わせてアントシアニンを選ぶのが賢い選択と言えそうですね。

ブルーベリーサプリの飲みすぎや副作用について

過剰摂取による副作用に苦しむ女性

ゲーム機からスマホ、パソコンなど最近はお子さんでも目を酷使する機会が増えています。また高齢の方が眼病予防のためにブルーベリーサプリを飲むというケースもあるでしょう。ではブルーベリーサプリを飲みすぎた場合はどうなるのでしょうか?また副作用についても考えてみましょう。

■余分に飲んでも吸収されない

ブルーベリーはもともと食品なので、1日の摂取量を守って飲んでいれば、副作用を起こすことはほとんどありません。アントシアニンは摂取後24時間で体外に排出され、飲みすぎたとしても余分な分は吸収されないからです。

天然の色素であるアントシアニンはお子さんから高齢の方まで安心して摂ることができる成分です。お子さんや高齢者の方が飲む場合、飲みやすさを考慮して粒が小さな目のサプリを選ぶとより安心できるでしょう。

■1日の摂取量を守って飲もう

ブルーベリーだけではなく、サプリメントは手軽に飲めることもあり、過剰摂取になりやすいというデメリットがあります。アントシアニンは余分に摂っても吸収されずに体外に排出されますが、ブルーベリーサプリはそのほとんどがルテインやビタミンE、ベータカロチンなど他の成分も合わせて配合しています。これらの中には過剰摂取によって健康被害が報告されているものもあるのです。

ブルーベリー自体に副作用はありませんが、「昨日サプリを飲むのを忘れたから今日は倍飲んでおこう」「今日はいつもより目が疲れているから、大目に飲んでおこう」そんな風にして量を増やせば、簡単に過剰摂取が起こってしまいますよね。

ビタミンBやビタミンCといった水溶性のビタミンは過剰摂取しても体外に排出されますが、ビタミンEやビタミンAは体内に蓄積されて健康被害を起こすことも考えられます。ブルーベリーサプリと他のサプリメントを同時に飲む場合は、アントシアニン以外の成分が過剰摂取にならないかどうか、注意する必要があるでしょう。

■ルテインは天然のものにこだわりたい

また喫煙者が合成されたルテインを飲むと発がんリスクが上昇するという報告もあります。ルテインを摂るときはできるかぎり天然由来のものをこだわってみましょう。気になる場合はメーカーに問い合わせるなどし、価格が安すぎるサプリメントは疑ってみる必要もあるかもしれませんね。

また、どんなサプリメントでも飲んだあと気分が悪くなった場合は、速やかに飲むのを中断して医師に相談しましょう。持病のある方や妊娠中の女性は医師に相談してからサプリメントを飲むようにしてくださいね。

目に速やかにアプローチ!ただし、過剰摂取には気をつけて!

飲んでから3~4時間で体内に吸収され、速やかにパワーを発揮してくれるブルーベリーサプリ。カシスアントシアニンクロセチンなど吸収率が高い成分を選べば、疲れを感じてから飲んでも、スピーディーにパワーを発揮してくれます。これなら忙しい人やサプリメントを飲み忘れがちも安心ですよね。

ブルーベリーサプリを選ぶときはアントシアニンの含有量にこだわりましょう。1日あたり40mg程度含まれていれば、合格点と言えそうです。

ブルーベリーはもともと食品であるため副作用はほとんどありません。しかし、ブルーベリーサプリはルテインやビタミンEなど過剰摂取によって健康被害が起こる成分が合わせて含まれていることが多いので、このような成分の摂取量にも注意する必要があります。

ブルーベリーサプリを飲むときには1日の摂取量を守り、他のサプリメントと合わせて過剰摂取になる成分がないか、注意するようにしましょう。

ブルーベリーランキングへ