ブルーベリーサプリランキング

目に良い注目のブルーベリーサプリをランキング形式でご紹介!

CLEAR

ブルーベリーサプリが
様々な目の悩みを解決!

眼精疲労や疲れ目、視力の低下など、様々な目の症状を改善してくれるブルーベリーサプリは、目を使う事が多い現代の生活にはかかせない注目のサプリメントです。

今、必要とされている
ブルーベリーサプリメント

目が疲れている人とその原因

今、目が疲れて目薬が欠かせない、眼精疲労のために肩こりや頭痛に悩まされているという人が増えています。

皆さんは、毎日どのくらいの時間パソコンやスマホの画面を見ていますか?

スマホやタブレットなどのIT機器がすぐ身近にある環境により、朝起きてから就寝まで、目は常に光にさらされ続けています。これに加え、社会人の皆さんはお仕事で長時間パソコンを使用するという方も多いのではないでしょうか。

そんな現代社会ですから、
私たちの目は昔と比べ、はるかに酷使されていると言えるでしょう。

そこで活躍してくれるのがブルーベリーのサプリメントです。

ブルーベリーにはアントシアニンという目にいい成分が含まれており、体の中で速やかにそのパワーを発揮してくれます。また、最近のブルーベリーのサプリメントには加齢によって減っていくルテインなどの目にいい成分をプラスしているものがほとんど。パワフルに目の健康をサポートしてくれるものが増えているのです。

幅広い世代に必要なブルーベリーサプリ

巷には数えくれないほどのサプリメントが出回っていますよね。飲んでみて変化が感じられないものも多い中、ブルーベリーのサプリメントは違いを実感しやすく、眼科医が摂取を勧めることもあるのです。

目の疲れはこまめに取り除きたいもの。また、目を酷使することによって起こる眼精疲労を放置すると、全身の不調を引き起こすこともあります。やがては心のコンディションにも影響するため、軽視するべきではありません。また真っ赤に充血した目は老けた印象、不健康な印象を与えてしまいます。

ブルーベリーのアントシアニンは食べてから1~3時間かけて体内でその力を発揮しはじめます。そして24時間後には排出されるので、目の健康のために食べるなら毎日、継続的に食べる必要があるのです。とはいえ、皆さんもご存知のように生のブルーベリーはとても高価。シーズンオフには手に入らないことも多いですよね。

さらにアントシアニンは長期間の保存や加熱に弱い成分でもあるため、継続的に目にいいブルーベリーを摂るには生の果実ではなく、サプリメントを上手に利用するのが賢い方法なのです。

パワフルに目を守る成分・アントシアニンの力とは?

ブルーベリーは北アメリカ原産の果物。その鮮やかな濃い紫色の色素の中に含まれるアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが目の健康をサポートしてくれるのです。

私たちの目はロドプシンと呼ばれるたんぱく質を使って、目から入ってきた情報を脳に伝えて「見える」という感覚を作り出しています。このロドプシンは分解と再合成を繰り返していますが、目を長時間、使い続けているとロドプシンの再合成が追いつかなくなり、視界がぼやけたりかすんだりし始めます。

アントシアニンはこのロドプシンの再合成をサポートして、クリアな視覚をキープしてくれると言われているのです。

アントシアニンの紫外線予防効果

アントシアニンは抗酸化作用が高く、老眼を引き起こす原因となる紫外線が体内で吸収されるのを防いでくれる効果もあります。老眼の予防にはサングラスをかけるのが有効と言われていますが、ブルーベリーのサプリメントで体のなかから紫外線ケアをすることも大切と言えるでしょう。

人間の体は紫外線を浴びると、メラニン色素を増やし肌の色を濃くして体を守ろうとします。同じように植物はアントシアニンの力で自らを守っているのです。そのため、アントシアニンは紫外線量の多い地域で収穫されるブルーベリーにより多く含まれることに。日照時間が長い北欧に自生するブルーベリーは特にアントシアニンが豊富であると言われています。

アントシアニンの種類

アントシアニンはいろいろな植物に含まれており、その種類は数百にものぼります。最近、注目を集めているのがカシスアントシアニンです。カシスアントシアニンには暗いところでものを見る力(暗視力)の改善や疲れ目の緩和、血行促進効果によるクマの改善、緑内障によって起こる視野狭窄などの進行を防ぐ効果などがあるという報告がされています。

カシスはブラックカラント、くろすぐりなどと呼ばれ昔から日本の高原地帯でも栽培されていますが、酸味が強いため、そのままで食べることができません。ジャムやジュースに加工されることありますが、継続的に摂るならやはりサプリメントがおすすめです。

視力を維持するために必要なルテインを合わせて摂ろう

アントシアニンの他にもうひとつ、目を守り視力を維持する成分として有名なのがルテインです。ルテインはほうれん草やケールといった色の濃い緑黄色野菜に含まれている抗酸化成分。もともと私たちの目の水晶体や網膜の黄斑(おうはん)と呼ばれる部分に多く存在しているのですが、加齢によって減少してしまいます。

ルテインには紫外線やブルーライトといった有害な光から目を守り、活性酸素を抑える抗酸化作用があります。その力は「天然のサングラス」と呼ばれるほどパワフル。

さまざまなVDT機器に依存した生活を送っている今、ブルーライトが目に与える深刻な影響を防ぎ、眼病を予防するためにもルテインは目にとって欠かせない成分であると言えます。

でも、人間は植物と違って体内でルテインを合成できません。食事やサプリメントで摂るしか補う方法がないのです。

黄斑変性症の予防にも

ルテインを摂ることで、日本人の失明の原因の4位にあがっている黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)の予防が期待できます。

黄斑変性症とは、物を見るための細胞がダメージを受けたり、なんらかの原因で網膜部分の血管が損傷を受け、それを保護するために新生血管(新しい血管)を作り出したりすることで起こる眼病。欧米では失明の原因の第1位、日本でも第4位と患者の数が増えている症状です。

黄斑変性症は一度、発症してしまうと治療が難しく、後遺症を残す可能性が高い眼病です。また、遺伝による影響もあり、黄斑変性症にかかる前に予防することが重要として眼科医でもルテインの摂取を勧める先生が増えています。

ここ数年、アメリカでもサプリメントによる加齢黄斑変性症の予防効果に対する、大規模な臨床試験が行われているほどで、これまでサプリメントに対して懐疑的であった眼科医たちも、ルテインやアントシアニンのサプリメントの効果に注目しているのです。

特に黄斑からルテインが急激に減少する60歳以降はルテインの摂取が重要だと言われています。

ルテインは食事から摂れる?

1日に必要なルテインの量は約6mg。ホウレンソウの2分の1束に換算されます。毎日、食べるのはちょっと難しいですし、飽きてしまいそうですよね。

ルテインはアントシアニンやビルベリーエキスなどと合わせて摂ることで吸収率がアップするとも言われています。アントシアニンとルテインを併せて配合しているサプリメントを選ぶといいでしょう。

アントシアニンと併せて摂りたい目にいい成分

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの他にも目にいい成分はあります。併せて摂ることで相乗効果が得られる成分もあり、各メーカーでは工夫を凝らして成分の配合を研究しているようです。

カシス

ブルーベリーのアントシアニンと並んで近年、注目を集めているカシスアントシアニン。目の血流を改善や眼圧上昇を抑えることで、日本人の失明原因の第一位である緑内障の進行を抑える可能性があるという報告もされています。

その他にも目のピントを合わせる機能のサポートや、眼精疲労を軽減させる効果も期待できます。さらにカシスアントシアニンは吸収後15分という短時間で効果を発揮し始めるという強みもあるのです。血流改善効果も高く、気になる目の下のクマの緩和にも役立ってくれます。

メグスリノキ

昔から点眼薬や洗眼薬として使われてきたのがメグスリノキです。日本だけに自生する植物で樹皮や幹、小枝などを煎じ、お茶として飲まれてきました。

ロドデノールやタンニン、ケルセチン、カテキンなどの成分が目の健康のサポートに役立つと考えられています。また、近年は肝機能の改善にも効果があることが実証されてきていますが、その詳しいメカニズムはまだ分かっていません。

クロセチン

くちなしの実やサフランのめしべ部分に含まれている鮮やかな黄色の色素がクロセチンです。カレーに添えられるサフランライスや栗きんとん、たくあんなどの色に使われる色素といえばわかりやすいかもしれませんね。

クロセチンはカロテノイドの一種で強い抗酸化作用を持っていますが、他のカロテノイドとは異なる構造をしていて、目に届きやすいと考えられています。

さらに、目のピントを調整する筋肉である毛様体筋にアプローチしてコリをほぐし眼精疲労を和らげ、血流を改善する作用も。眼精疲労による肩こりが気になるという方にもおすすめの成分と言えるでしょう。

なお、クロセチンはアスタキサンチンやルテインと合わせてとるとより高い抗酸化作用を発揮してくれます。

アスタキサンチン

カニやエビ、サケなどがもつ赤い色素に含まれているカロテノイドがアスタキサンチンです。抗酸化作用が非常に高く、アンチエイジングコスメにも使用されていることは皆さんもご存知でしょう。

人間の体の器官のなかでも重要な役割を持つ脳や目には必要な栄養素だけを選別する関所のようなフィルターが存在しています。アスタキサンチンは網膜の関所ともいえる「血液網膜関門」を通過し、網膜で速やかにそのパワーを発揮しはじめます。

血流改善作用や毛様体筋にアプローチする作用があるため、眼精疲労の軽減に役立ってくれます。また、活性酸素を除去する作用が高く、目の内部まで到達することで黄斑変性症や白内障といった眼病予防にも役立つと考えられています。

レスベラトロール

ブドウやサンタベリー(こけもも)などに含まれるポリフェノールの一種がレスベラトロールです。あまり知られていませんが、アーモンドやピーナッツの皮やココアなどにも含まれています。

レスベラトロールには目の血管を拡張させる作用があることが分かっています。日本人の失明原因1位と言われる糖尿病網膜症や血流障害が原因で起こる眼病予防効果が期待できるとして新たに注目を集めている成分です。

DHA

DHAはイワシやサバ、さんまなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸です。目の網膜にある脂肪の4~6割はDHAが占めており、視力の維持に欠かせない成分です。

アスタキサンチンと同様、DHAも血液網膜関門を通過できる数少ない成分のひとつ。網膜に直接作用するため、近視の改善や動体視力の改善などに役立つという報告があります。また、黄斑変性症の予防には肉よりも魚中心の食生活が適していると言われています。

目の疲れや眼精疲労が気になる方、幅広い年齢層の方に!

ブルーベリーのサプリメントで視力を回復させることはできません。しかし、目の疲れや眼精疲労が原因で起こる一時的な視力低下の改善には役立ってくれます。

VDT機器に囲まれた生活を送らざるを得ない今。誰にとっても黄斑変性症や白内障といった眼病や眼精疲労予防のケアは必要不可欠になっています。

特に眼精疲労は放置すると肩こりや首の痛み、腰痛や自律神経失調症、うつなどの全身症状を招くことがあります。目の疲れはこまめに解消して翌日に持ちこさないこと。そのためにもブルーベリーのサプリメントを摂るのがおすすめです。アントシアニンは24時間で体外に排出されてしまうため、毎日継続して摂るとよいでしょう。

また、サプリを飲んでいても目を酷使する生活習慣をそのまま続けていては意味がありません。毎日の生活に目の疲れや眼精疲労を予防するための工夫を取り入れてみるのがおすすめです。

  • ・パソコンやスマホの使用時間は1時間以内にとどめ、15分程度休憩を入れる
  • ・夜9時以降はスマホやPC、液晶テレビ、ゲームなどのブルーライト機器の使用を避ける
  • ・ブルーライトをカットする眼鏡をかける
  • ・PCの位置は目から40センチ以上離し、画面に外光や照明が入り込まないようにする
  • ・暗い場所でスマホやPCを使用しない
  • ・目をホットタオルなどで温める
  • ・首や肩のストレッチを取り入れる

ブルーベリーサプリに副作用ってあるの?

ブルーベリーサプリの副作用?

アントシアニンやルテイン、アスタキサンチンなどはもともと食べものにも含まれている成分。薬ではないので、副作用はほとんどありません。余分にとっても体外に排出されてしまうため、飲み過ぎるとムダにしてしまうことに。1日の目安量を守り、過剰摂取にならないように心がけましょう。

また、副作用がほとんど報告されていない成分であっても、人によってはアレルギーの原因となることもあります。例えばアスタキサンチン。エビやカニなどのアレルギーがある方は摂取しないようにしてください。

ルテインの場合、食事に含まれるものではなく、合成されたルテインを喫煙者が摂ることでがんのリスクが高まるという報告があります。安価なサプリの中には合成ルテインを使用しているものが少なくありません。ルテインを摂るときは天然由来の成分であるか確認してみましょう。

そして、どんなサプリメントでも言えることですが、持病や治療中の病気がある方は医師に相談してから飲み始めるということを忘れないようにしてくださいね。

ブルベリーサプリの正しい飲み方とは

ブルーベリーサプリを飲むときにはアントシアニンの含有量をチェックすることが大切です。アントシアニンの1日の摂取量目安は40~90mg。「ブルーベリーエキス」として表示しているものもありますが、ブルーベリーエキスの量=アントシアニンの量ではないので注意してくださいね。

また、アントシアニンは1度にたくさん飲んでも排出されてしまうため、1日の摂取量目安を守って継続的に飲むことが大切です。ルテインやアスタキサンチンなどと合わせて摂ることで相乗効果が期待できるので、ブルーベリーサプリを選ぶときにはアントシアニン以外の成分にもこだわってみてくださいね。

ルテインの摂取量目安はどうでしょうか。通常、1日6~10mg、白内障などの眼病を患っている方は10~20mg摂ることが勧められています。ただし、万が一の副作用を防ぐためにもルテインは天然由来の成分を選ぶようにしましょう。

ブルーベリーサプリを飲む最適なタイミングとは

アントシアニンは摂取してから1~3時間で効果を発揮しはじめます。車の運転やVDT機器の操作で目を使うなら、必要となるタイミングの3~4時間前に飲んでおくといいでしょう。

アントシアニンは24時間経つと体外に排出されてしまいますので、ブルーべリーサプリは毎日、継続して飲むことができるものを選んでくださいね。

ブルーベリーとビルベリーって違うの?

ビルベリー

最近、ブルーベリーと並んで目にいい食べ物として注目を集めているのがビルベリーです。ビルベリーはブルーベリーの一種でフィンランドやスウェーデンといった北欧に自生している植物。

ビルベリーは皮だけではなくその実も濃い紫色をしています。栽培されている一般的なブルーベリーと比較すると、約2~3倍ものアントシアニンが含まれているのです。

CLEAR

北欧だから育つ、アントシアニン豊富なビルベリー

アントシアニン含有量の高さの秘密はビルベリーが育つ地域の日照時間の長さにあります。北欧諸国において夏、夜でも太陽が沈まない白夜という現象が起こることをご存知でしょうか。ビルベリーは1日中紫外線が注ぐ過酷な環境においても自生できるよう、高い抗酸化作用を持つアントシアニンで自らを守っているのです。

ビルベリーの実はとても柔らかく輸送や保管に適していません。そのため、収穫されたものは地元でジャムなどに加工されることが多いのだとか。

最近ではビルベリーエキスを使用したサプリメントも増えていますが、中にはほかの植物由来エキスや添加物の割合が多く、ビルエリーエキスがほとんど入っていないものもまれにあるようです。ビルベリーのサプリメントを選ぶときにはエビデンス(含有量などの記載)がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

オススメのブルーベリーサプリランキング TOP3!

アントシアニンの含有量や、サポート成分、価格、飲みやすさ、各メーカーのこだわりなどを総合的に評価し目に良いブルーベリーサプリをランキングで紹介!

1位
大正製薬大正ブルーベリー

評価 評価 評価 評価 評価

4.0

CLEAR
CLEAR

「大正ブルーベリー」は、大手製薬メーカーである大正製薬のブルーベリーサプリです。ヨーロッパでは医薬品としての効果も認められている、ビルベリーエキスを80mg、そして今注目を集めている目にいい成分、ルテインを6mg配合。

1日分の目安である2粒ごとに分けて包装されているので、携帯するのに便利で、場所を選ばず好きなタイミングで飲むことができます。

CLEAR

目に良い成分はコレ!(1粒中)

  • ビルベリーエキス:40mg
  • ルテイン:3mg
  • CLEAR
内容量 2粒×30袋(60粒) / 約1ヶ月分
1日の目安 / アントシアニン量 2粒(1袋) / 28.8mg
価格 (税込) 通常価格:3,456円
お試し価格:1,080円
特典 今ならお試し価格、約68%OFF!さらに送料無料!
詳しい内容はこちら
公式ページはこちら

2位
小林製薬ブルーベリー&メグスリノ木EX

評価 評価 評価 評価 評価

3.5

CLEAR
CLEAR

分かりやすい製品のネーミングが印象的な、小林製薬のブルーベリーサプリがこの「ブルーベリー&メグスリノ木EX」です。

アントシアニン以外にも日本固有のメグスリノキルテインβカロテンDHA.EPAなどを配合し、目の健康を総合的にサポートできるように作られています。また全成分表示をはじめ、大手製薬会社ならではの安心感と高品質が特徴でもあります。

CLEAR

目に良い成分はコレ!(1粒中)

  • ビルベリーエキス:60mg
  • ルテイン:0.5mg
  • メグスリノキエキス:18.8mg
  • ミックスベリーエキス:5.3mg(カシス,ゴジベリー,マキベリー,クランベリー,リンゴンベリー,ハスカップ)
  • β-カロテン:885μg
  • DHA 1.2~2.1mg
  • EPA 0.16~0.28mg
  • ビタミンB1:0.23mg
  • ビタミンB2:0.32mg
  • ビタミンB6:0.36mg
  • ビタミンB12:0.3μg
  • ビタミンC:2.3mg
  • CLEAR
内容量 60粒 / 約1ヶ月分
1日の目安 / アントシアニン量 2粒 / 44mg
価格 (税込) 通常価格:2,160円
定期購入:1,080円
特典 定期お届け便なら、初回お届け50%OFF!2回目以降のお届けも割引あり!
通常購入でも初回限定30%OFF!
詳しい内容はこちら
公式ページはこちら

3位
みやびビルベリープレミアム

評価 評価 評価 評価 評価

3.0

CLEAR
CLEAR

北欧産野生種のビルベリーをはじめ、マキベリーやエルダーベリー、カシスエキスをプラスすることで、いろいろな種類のアントシアニンを摂ることができるサプリ、「みやびのビルベリープレミアム」。

配合成分の量が明記されているため、目の疲れ具合によって飲む量を調節できるのが特徴。家族全員で飲みたい、ブルーベリーサプリです。

CLEAR

目に良い成分はコレ!(1粒中)

  • ビルベリー:100mg
  • ルテイン:8mg
  • マキベリーエキス:1mg
  • エルダーベリーエキス:1mg
  • メグスリノキエキス:0.5mg
  • カシスエキス:1mg
  • アスタキサンチン:1mg
  • 赤ワインポリフェノール:5mg
  • ビタミンA:0.45mg
  • CLEAR
内容量 30粒 / 約1ヶ月分
1日の目安 / アントシアニン量 1粒 / 36mg
価格 (税込) 通常価格:1,687円
定期購入:1,434円
特典 定期コースなら最大15%OFF!
詳しい内容はこちら
公式ページはこちら

目の健康にはブルーベリーサプリを活用しましょう

ブルーベリーサプリに入っている、アントシアニンという成分は、目の網膜の細胞や、目の筋肉に働きかけ、眼精疲労や疲れ目の改善、視力低下の防止に効果的です。また、強い抗酸化力を持つので、様々な眼病の予防や、毎日の健康維持にも役立ちます。

アントシアニンは、ヨーロッパでは、医薬品として使用されている成分です。日本ではまだ、厚生労働省から医薬品として認められていませんが、目のトラブルの改善に有効であるという数々の検証結果は出ています。目のトラブルに悩んでいる方は、ブルーベリーサプリで効率良くアントシアニンを摂取することをオススメします。

ブルーベリーサプリランキングは、ブルーベリーサプリの基本情報や、サプリを選ぶ際のポイントなどを解説し、ランキング形式で商品を紹介するサイトです。ブルーベリーサプリについて調べ上げた結果、総合的に評価し、目に良いブルーベリーサプリを紹介していますので、少しでも参考にして頂ければ幸いです。